ギリギリケッチャク-はてなブログラボ-

欲しい銘柄を保持していれば、すげぇパフォーマンスを発揮できたのにすぐ売ったり、損切りが下手すぎて、クソみたいな投資成績を残しているブログになります。

2017年、今年は長めの投資を心がけていきたいです。

2016年6月第2週 週報

2016年6月第2週の運用資産推移は、+5.152%でした。

 

久しぶりにMY銘柄たちが強かった1週間でした。

 

しかし、日本ラッドに続いて、豆蔵ホールディングスも早売りしてしまった感を覚えた1週間でもありました。

 

ただ、最近いいところ攻めてる感が出てきているので、プラス思考に考えていきたいなと思います。

 

先週は、ドル円が一気に円高に振れたので、もっと下がるかと思いましたが、しっかりしていましたね。

これが、ちゃんとした買いならいいんですが、参議院選挙を控えて大きく下げさせないための買い支えとかだったりしないかな……という不安が私の中にはあります。

 

23日のイギリスのEU離脱の是非を問う国民投票を控えて、ヨーロッパ・アメリカの恐怖指数は急上昇しています。

確実に日本にも伝染することは明白なので、しばらくは動かないほうが賢明かもしれません。

 

世界各地で起こりつつあるグローバル化からの揺り戻し。

たぶんそれが人間の本質なんだよなー。すべての事象について一緒くたにグローバル化なんてまとめようとするから、無理が生じるんだと思う。

日本も、欧米のスタンダードに倣ってやるみたいなことが最近とても多くなってきているけど、あんまりやり過ぎは良くないと思う。

それがヘイトスピーチに繋がる原因にもなる可能性もあるんじゃないかな。

もっと日本古来の、固有の部分は大切にしていっていいと思う。

 

そして、結局歪な形と判断されたものは、結局は是正されていくものなんだと思う。

株価も、株式市場も、経済もまた同じなんだろう。

 

イギリスがどういう選択を行うか分かりませんが、離脱となっても経済に悪影響を与える以上に、世界の仕組みを考えなおすようなきっかけになるのではないかなと感じています。

http://shingi.tumblr.com/post/109846980604/もうお亡くなりになった先生なんだけど世の中がこれからはグローバルグローバル言うてた頃に人間はそうい

shingi.tumblr.com

 

EU崩壊 (新潮新書)
by カエレバ

2016年5月第4週&6月第1週 週報&5月確定損益

2016年5月第4週の運用資産推移は、0.412%でした。

2016年6月第1週の運用資産推移は、2.655%でした。

 

2016年5月の確定損益は、-32911円

年初来パフォーマンスは、-77902円。-6.331%。

 

大きく負け越してるなぁ…。

残りで何とか年間プラス収支にしたいんやで!

 

あと、パフォーマンス計算が間違ってたので、過去分も修正しました(;´∀`)

 

先週は楽天証券主催の日本株式投資戦略セミナーに行ってきました。

 

今中能夫さんの2017年3月期の有望セクター、有望銘柄は結構面白い講義でした。

 

VR登場によって、ソシャゲから据え置きへの揺り戻しが起こるのではないかとか、次のiPhone(あるいはその次)で採用されるかもしれない有機ELディスプレイ関連の銘柄に注目が集まるのではないか、IoTや人工知能、自動運転技術など制御システムソフトなどが拡大していくとそれに伴いソフトウェア検査も需要が大きく伸びるなど、ホットなテーマから関連した銘柄も含め近い未来を予想するお話はなるほどと感心させられました。

特に、日本のバイオ銘柄には注目で、日本がバイベンチャーにとって非常に恵まれた環境にあり、さらに新薬・創薬、再生医療などは日本が世界でも対等以上に戦える分野ということで、投資妙味も非常にあるとのことでした。

 

先週金曜日は雇用統計のネガティブサプライズで円高が急激に進み、月曜日の日本市場は大きく売られて始まるでしょう。

消費税増税再延期も海外投資家にとっては、マイナスでしかなく、海外投資家にコントロールされているといってもいい日本市場は、ここぞとばかりに一度大きく売りに傾くのではないかと思います。目安としては16000円割れ、ドル円105円割れくらいですかね?

 

ただ、長い目で見て投資すれば面白い銘柄は、探せばまだまだあるのです。

 

日本という国にとって消費税増税再延期がプラスになり、発表されるであろう経済政策が功を奏し、日本経済が本当に上向きになったことを確認できれば、再び一気に資金が流れ込むことも十分にあり得ると考えられます。

 

そうなることを信じたいですし、そうなるよう政策を進めてもらいたいです。

 

バイオ銘柄

小野薬品工業 (小野薬) 【4528】

塩野義製薬 (塩野義) 【4507】

エーザイ (エーザイ) 【4523】

サンバイオ (サンバイオ) 【4592】

カルナバイオサイエンス (カルナバイオ) 【4572】

タカラバイオ (タカラバイオ) 【4974】

そーせいグループ (そーせい) 【4565】

ペプチドリーム (ペプドリ) 【4587】

iPhone銘柄

村田製作所 (村田製) 【6981】

TDK (TDK) 【6762】

アルプス電気 (アルプス) 【6770】

有機ELディスプレイ

ブイ・テクノロジー (Vテク) 【7717】

平田機工 (平田機工) 【6258】

凸版印刷 (凸版) 【7911】

日新電機 (日新電) 【6641】

日本電産 (日電産) 【6594】

タツモ (タツモ) 【6266】

■VR

ソニー (ソニー) 【6758】

■その他

アニコム ホールディングス (アニコムHD) 【8715】

ベリサーブ (ベリサーブ) 【3724】

2016年5月第3週 週報

2016年5月第3週の運用資産推移は、-2.042%でした。

ただひたすらに負け続けています。。。

 

先週書いたエムケイシステム。

木曜、金曜で急反発。+10%以上上げやがりました。

めでたく絶許銘柄リスト入りです。

 

まぁ、私はほぼJCしてたので、木曜金曜の反発でも恩恵はなかったんですけどね。

f:id:whatR:20160522233946p:plain

ホントINするタイミングが超絶下手くそマンです。

自分でもなんでこんなに下手くそなんだろうとつくづく痛感させられます。

 

だいぶしんどい投資生活が続いているので、何とか努力して脱したいものです。。。

 

先週はマザーズ指数が暴落しましたけど、これどこまで行くんですかね?

f:id:whatR:20160522234718p:plain

綺麗なダブルトップつけてますけど、50日線で反発して踏ん張ってる気もします。

グロース株に資金が入る流れは、おそらく今後変わらないと思いますので、もしかすれば良い押し目なのかもしれません。

 

ただ、

ブランジスタ (ブランジスタ) 【6176】:株価・株式情報 | 株探

JIG-SAW (JIGSAW) 【3914】:株価・株式情報 | 株探

のような業績以上に買い上げられる銘柄も多いのも事実なので、怖いっちゃあ怖い市場ですね。

でも、そーせいグループ (そーせい) 【4565】:株価・株式情報 | 株探のようなお宝銘柄が眠っているのは、やはり夢はありますね。

 

そういう銘柄を掘り当てるのは、宝くじレベルだと思うので、自分はコツコツ地道に努力を続けてやるしかないと思ってます。

 

LINEグループの皆さんや、購読しているブログの方のガンガン回転させて利益取っていくスタイルには憧れるけれど、やっぱり自分には無理だと思いながらも、羨ましく自分もやってみたいという葛藤状態になってます(;´Д`)

 

まぁ、でも欲張るのは良くないことですし、やれることをやっていこうと思います。

 

ターナーの短期売買革命――新株式市場を攻略する全テクニック (ウィザードブックシリーズ)
by カエレバ

2016年5月第1週&5月第2週 週報

2016年5月第1週の運用資産推移は、-0.428%でした。

2016年5月第2週の運用資産推移は、-3.207%でした。

 

あまりにも綺麗なコツコツドカンをやらかしました。

 

まず、3682 エンカレッジ・テクノロジ。

これは普通に決算発表時期を見逃し、週足もよく、日足も良いように見えたので、迂闊に買ってしまっていました。

本当にシンプルなミスだったと思う。

もっと緊張感を持って、しっかりと見ないとダメですね。猛省。

 

次に、3910 エムケイシステム。

決算が良く、成長率の面から見ても悪くなく、日足チャート良いかなと思って買いましたが、-15%近くのダメージを被る結果に。

 

しかし、確か一昨年 2124 JACリクルートと去年 6055 ジャパンマテリアルで同じような結果をくらい損切りしたことがある。

2124 JACリクルートは、-10.85%

6055 ジャパンマテリアルは、-18.04%

その後2124 JACリクルートはどうなったかというと、それ以降さらに下がりはしましたが、結果的株式分割を伴い100%以上の値上がり。同様に6055 ジャパンマテリアル株式分割を伴い100%以上の値上がりしました。

 

こう考えると、これくらい(?)の下げで手放してしまうくらいであれば、ファンダ投資自体が向いていないのかもしれない。というか、そもそもファンダ投資じゃないんじゃないかと。そう、また思い悩み始めてしまう始末です。

 

んで、連休前に決算跨ぎを恐れて手放した2413 エムスリーが高値をスルスル更新していく始末。

いくら成長率が良くても、PER80倍以上だった銘柄を持ち越す覚悟なんかねぇよ。

んで、この程度の決算でPERが70倍以上のものが、さらに上がっていくなんて理解できねぇよ。

 

つまりアレだ。中長期投資向いてねぇんじゃねの?

 

という結果に、行き着きつつあります。

 

完全にイチから出直し。今回は、久しぶりに精神的ダメージを受けた。

 

もっと徹底的なファンダ中心にするのか、もういっそイナゴになるのか。

 

しかし、ファンダは時にはかなりの我慢が要るし、そうなると資金の余裕がモノを言う。特に最近のボラがデカい大口が好き勝手振り回す日本のマーケットだと、一層きつくなっている感じがする。

 

また、イナゴになったら、判断の早さを要求されることは間違いないし、銘柄の見極めも必要だろうし、カンタンとは言い難いけど。判断が遅れると今以上の損失を出す確率もかなり高い。

 

でも、ぶっちゃけこれが今の日本のマーケットの縮図みたいなもんだから、ファンダなんてバカバカしくなってくるよね。

kabumatome.doorblog.jp

 

んー、とりあえず、イナゴ(短期)になるため、一度トレーニングしてみるか…。

でも、それなら24時間市場が開いてるFXでも良い気はするんだよな。需給が読みづらい、重要指標の際は大きく振れるというデメリットはあるけど。

 

どうすればいいか誰かおしえてー!笑

 

ラリー・ウィリアムズの短期売買法 【改定第2版】
by カエレバ

2016年4月第3週 週報&4月確定損益

2016年4月第1週の運用資産推移は、+1.407%でした。

2016年4月の確定損益は、+17549円
年初来パフォーマンスは、-44991円。-7.568%。

 

4月頭の暴落に巻き込まれなければという結果ですね。

 

一昨日木曜日、日銀は、金融政策決定会合で政策方針の現状維持を賛成多数で決めました。

追加緩和期待でじわじわと上げていた日本市場は急落し、円高が一気に進み、大暴落という結果になってしまいました。

 

 マイナス金利導入から、間が経っていないため、さらなる緩和を行うタイミングではなかったのかもしれませんが、以下の発言を行っていながら、現状維持を決定したことへの失望は、非常に大きかったのだなと感じました。 

 

物価2%目標の達成に必要であれば「量・質・金利の3つの次元でちゅうちょなく追加的な金融緩和措置を講じる」

www.nikkei.com 

 

今回の現状維持決定の最悪のパターンとしては、マイナス金利導入の際に、量的追加緩和の限界を感じたため、導入に踏み切ったわけではないとの発言が黒田日銀総裁からありましたが、もしかすれば実はもう限界なのかな?というパターン。

 

jp.reuters.com

 

その場合は、もうこれ最悪ですね。

日本おしまいです。

さらなるマイナス金利拡大も可能とは言っていますが、ただでさえマイナス金利は裏ワザ的なところもあるので、結構リスクがデカい気はします。

 

もう一つは、政府への消費税増税再延期催促自爆型現状維持決定。

まぁ、投資家には迷惑千万ですけど、金融緩和を行っても消費税再増税されては、いくら日銀が政策を行っても結果がついてこないことは明白なので、日銀が先手を打ち、政府に消費税増税再延期を催促したパターン。

アベクロコンビが当初より上手くいっていない感じはありますので、そのへんが関係してたりするのかなと。

これに政府が応えるのか、財務省の言うとおりに増税を予定通り行うのか。

予定通り行った場合は、これも最悪ですね。

その場合は、私は株式投資から身を引きます。

というか、そうなった場合、たぶんアベノミクスは完全に失敗でしょうし、日本経済もおしまい、日本市場を信頼しないでしょうし、今まで以上に大口投資家が、好き勝手弄くり回されるでしょう。

 

NYダウも弱含みはじめ、円高にも振れドル円は1年半ぶりの106円台、それにつられるように日経CFDはガンガン下がってます。

5月2日の市場は、大荒れ1000円以上の下落しそうですね。

 

短期的に見れば、この暴落が落ち着いたら、良い買い場の到来になりうるかも。

中長期的にどうなのかは、安倍自民が消費税再増税をいかにするか、その決断をした時、すべてが決まる。

出来ればその時を、希望をもって迎えられることを祈りたいと思います。