ギリギリケッチャク-はてなブログラボ-

欲しい銘柄を保持していれば、すげぇパフォーマンスを発揮できたのにすぐ売ったり、損切りが下手すぎて、クソみたいな投資成績を残しているブログになります。

2017年、今年は長めの投資を心がけていきたいです。

2016年7月3週 週報

2016年7月3週の運用資産推移は、+0.134%でした。

 

しかし、7月3週は大きくやらかしたので、それが来週に反映されるでしょう。

 

参院選勝利の結果に遅れるまいと、飛び乗ってみたのは良いけれど、飛び乗ったグロース銘柄という選択が大きな間違いだったということでしょうかね。
普通に東証1部主力買っとく流れだったかな。

 

まぁ、弁解の余地もないし、間抜け過ぎると自分でも思います。
さらに仕事でもだいぶしんどかったので、先週はマジでキツかった…

 

短期と長期がグチャクチャになってる感じだから、一番最悪な感じがする。
とてもイカン気がしますので、何とかしないとダメですね。
失敗から学べてない感すごい。

 

しかし、何事に対しても元来器用じゃないから、データを集めて、記憶して、繰り返して繰り返して覚えていくしかない人間なので、人より歩みが遅くてもやっていくしかないかなと思っております。


以下、これでもかという惨敗の記録。

 

f:id:whatR:20160717021459p:plain

f:id:whatR:20160717021535p:plain

 

 

2016年6月確定損益

2016年6月の確定損益は、9927円
年初来パフォーマンスは、-67975円。-8.927%。

 

たぶん配当でプラスになっただけです。

 

最近ダメダメすぎたので週次の計算を怠ってました。

 

流れに大きな変化が生まれるような下げが始まったら、即キャシュ化。

2016年6月第3週 週報 - ギリギリケッチャク-はてなブログラボ-

 前回こう書いたのに、それを全然実行できていないです。

これでは、マーケットでは絶対に勝てませんね。

同じ過ちはしないように、自分の糧にしないとダメなのに、本当に全然ダメですね。

 

だって、日経平均のチャートを見ると、完全に下落相場入りですよ。

円高方向に思いっきり振れてますし、ガイジンが日本市場からいなくなってるし。

消費税増税再延期のマイナス面がモロに出てしまった感じですね。

前も書きましたが、正直ガイジンが戻ってこないと、株価はしばらく厳しいだろうなぁ。

これがどこまで続くか分からないのが怖いですね。

いつまで今の方向(下げ)が続くか分からない⇒手を出さない

これが正解な気がします。

f:id:whatR:20160710163453p:plain

だってこの週足チャート見て買いますか?

完全に26週線に頭押さえられてます。

  

この本を読みながら、改めてそう感じている私でした。

2016年6月第3週 週報

2016年6月第3週の運用資産推移は、-3.280%でした。

 

先週の日本市場は、Brexit問題&日銀の金融政策現状維持によって、世界で一番ダメージを受けたんじゃないですかね。

私も逆指値にガンガン差さる感じで、先々週までコツコツ伸ばした含み損が一気になくなり利確しました。保有したままの銘柄は含み損に。

 

やはり下げの速度は異常に速いものですね。

特に日本は、それがあまりにも顕著すぎます。中でもマザーズは特に。

リーマンショック前に似ている(日本だけ)みたいな状況になって、ホント笑えない。

 

流れに大きな変化が生まれるような下げが始まったら、即キャシュ化。

 

今後は、この言葉を心に留めて臨みたいと思います。

 

てかさ、まぁ、内政干渉になるので口は挟めないのは分かってるけどさ、なんでサミットでイギリスにもっとそれとなく釘を刺しとかなかったのかね。

 

600億をかけて、主要国首脳が集まってサミット行った結果がこれって、すごいもにょるわ。

それなら、建設後も何十年と使える新国立競技場建設費2500億とかめちゃ安いやん。

 

まぁ、最後はなんか愚痴っぽくなっちゃいましたけど、どうなりますかね。。。

NYダウは75日線で本当にギリギリ堪えてる感じです。

日経平均は、底入れを見極めるまでは探り探りの展開でしょうか?

 

ただ、月足では、2008年3月以来の中期線が長期線を割り込みかけており、デッドクロス直前です。

 つまりリーマン・ショック前以来ということですね。

リーマン・ブラザーズ証券は2008年9月に破綻したんですが、マーケットはそれよりはるか前に織り込みにいっているワケです。

 

さらに長い目で見ると、安倍自民の経済政策及び日銀の金融政策上手くいかなかったら、8000円目指してもおかしくなさそうですね、コレ。

 

世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)
by カエレバ

2016年6月第2週 週報

2016年6月第2週の運用資産推移は、+5.152%でした。

 

久しぶりにMY銘柄たちが強かった1週間でした。

 

しかし、日本ラッドに続いて、豆蔵ホールディングスも早売りしてしまった感を覚えた1週間でもありました。

 

ただ、最近いいところ攻めてる感が出てきているので、プラス思考に考えていきたいなと思います。

 

先週は、ドル円が一気に円高に振れたので、もっと下がるかと思いましたが、しっかりしていましたね。

これが、ちゃんとした買いならいいんですが、参議院選挙を控えて大きく下げさせないための買い支えとかだったりしないかな……という不安が私の中にはあります。

 

23日のイギリスのEU離脱の是非を問う国民投票を控えて、ヨーロッパ・アメリカの恐怖指数は急上昇しています。

確実に日本にも伝染することは明白なので、しばらくは動かないほうが賢明かもしれません。

 

世界各地で起こりつつあるグローバル化からの揺り戻し。

たぶんそれが人間の本質なんだよなー。すべての事象について一緒くたにグローバル化なんてまとめようとするから、無理が生じるんだと思う。

日本も、欧米のスタンダードに倣ってやるみたいなことが最近とても多くなってきているけど、あんまりやり過ぎは良くないと思う。

それがヘイトスピーチに繋がる原因にもなる可能性もあるんじゃないかな。

もっと日本古来の、固有の部分は大切にしていっていいと思う。

 

そして、結局歪な形と判断されたものは、結局は是正されていくものなんだと思う。

株価も、株式市場も、経済もまた同じなんだろう。

 

イギリスがどういう選択を行うか分かりませんが、離脱となっても経済に悪影響を与える以上に、世界の仕組みを考えなおすようなきっかけになるのではないかなと感じています。

http://shingi.tumblr.com/post/109846980604/もうお亡くなりになった先生なんだけど世の中がこれからはグローバルグローバル言うてた頃に人間はそうい

shingi.tumblr.com

 

EU崩壊 (新潮新書)
by カエレバ

2016年5月第4週&6月第1週 週報&5月確定損益

2016年5月第4週の運用資産推移は、0.412%でした。

2016年6月第1週の運用資産推移は、2.655%でした。

 

2016年5月の確定損益は、-32911円

年初来パフォーマンスは、-77902円。-6.331%。

 

大きく負け越してるなぁ…。

残りで何とか年間プラス収支にしたいんやで!

 

あと、パフォーマンス計算が間違ってたので、過去分も修正しました(;´∀`)

 

先週は楽天証券主催の日本株式投資戦略セミナーに行ってきました。

 

今中能夫さんの2017年3月期の有望セクター、有望銘柄は結構面白い講義でした。

 

VR登場によって、ソシャゲから据え置きへの揺り戻しが起こるのではないかとか、次のiPhone(あるいはその次)で採用されるかもしれない有機ELディスプレイ関連の銘柄に注目が集まるのではないか、IoTや人工知能、自動運転技術など制御システムソフトなどが拡大していくとそれに伴いソフトウェア検査も需要が大きく伸びるなど、ホットなテーマから関連した銘柄も含め近い未来を予想するお話はなるほどと感心させられました。

特に、日本のバイオ銘柄には注目で、日本がバイベンチャーにとって非常に恵まれた環境にあり、さらに新薬・創薬、再生医療などは日本が世界でも対等以上に戦える分野ということで、投資妙味も非常にあるとのことでした。

 

先週金曜日は雇用統計のネガティブサプライズで円高が急激に進み、月曜日の日本市場は大きく売られて始まるでしょう。

消費税増税再延期も海外投資家にとっては、マイナスでしかなく、海外投資家にコントロールされているといってもいい日本市場は、ここぞとばかりに一度大きく売りに傾くのではないかと思います。目安としては16000円割れ、ドル円105円割れくらいですかね?

 

ただ、長い目で見て投資すれば面白い銘柄は、探せばまだまだあるのです。

 

日本という国にとって消費税増税再延期がプラスになり、発表されるであろう経済政策が功を奏し、日本経済が本当に上向きになったことを確認できれば、再び一気に資金が流れ込むことも十分にあり得ると考えられます。

 

そうなることを信じたいですし、そうなるよう政策を進めてもらいたいです。

 

バイオ銘柄

小野薬品工業 (小野薬) 【4528】

塩野義製薬 (塩野義) 【4507】

エーザイ (エーザイ) 【4523】

サンバイオ (サンバイオ) 【4592】

カルナバイオサイエンス (カルナバイオ) 【4572】

タカラバイオ (タカラバイオ) 【4974】

そーせいグループ (そーせい) 【4565】

ペプチドリーム (ペプドリ) 【4587】

iPhone銘柄

村田製作所 (村田製) 【6981】

TDK (TDK) 【6762】

アルプス電気 (アルプス) 【6770】

有機ELディスプレイ

ブイ・テクノロジー (Vテク) 【7717】

平田機工 (平田機工) 【6258】

凸版印刷 (凸版) 【7911】

日新電機 (日新電) 【6641】

日本電産 (日電産) 【6594】

タツモ (タツモ) 【6266】

■VR

ソニー (ソニー) 【6758】

■その他

アニコム ホールディングス (アニコムHD) 【8715】

ベリサーブ (ベリサーブ) 【3724】