ギリギリケッチャク-はてなブログラボ-

欲しい銘柄を保持していれば、すげぇパフォーマンスを発揮できたのにすぐ売ったり、損切りが下手すぎて、クソみたいな投資成績を残しているブログになります。

2017年、今年は長めの投資を心がけていきたいです。

2014年11月第2週&2014年11月第3週 週報

2014年11月第2週 の成績は、+0.301%(運用資金ベース)でした。 

2014年11月第3週 の成績は、+0.096%(運用資金ベース)でした。

恐ろしく動いてないですね 。

一番の失敗は、業績好調と追加緩和決定翌週に高値でキャッチしてしまった銘柄を切ったことです。

その銘柄、今週末にはかなり戻してて、もう最悪のパターンです。

10月からほんと空回りが続いております。。。

もっともっと勉強を重ねていかないとダメですね。

そういえば、少し前からFXも触るようになりました。

扱っている金額は、極々極々小規模で、仕組みや動き方などを実際の相場の中で、
掴んでいこうと勉強している最中です。

株には少なからず存在する銘柄に対する思い入れなんかがなくて、
本当に機械的に取引を行える点がFXの特徴かなと私的には感じました。


そういえば、追加緩和で決定するかと思っていた消費税増税が、 悲惨なGDP速報値の結果を受けて
延期が決定し、衆議院解散という思いもよらない流れになってしまいました。

衆議院選挙の結果によりますが、まぁほぼ自民党の勝利で終わるでしょう。
ただ、消費税増税は次はもう延期なし!(※未曾有の大災害が起こる場合は除く)ということらしいですが、
本当にそれまでに有効な政策を、政府が主導で決めていけるのか一抹の不安は残ります。 

やはり多くの柵や利権が存在するので、それを安倍首相が出来るのかという点です。
やるなら文字通り暗殺されるくらいの覚悟がないと実行できないのではないかと思います。

それを国民は期待したいところですが、解散目前に麻生財務大臣が発した

「この1週間の円の下がり方は、テンポが速すぎる」 

というこのタイミングで市場をけん制するようなコメントからも分かるように、
すべての自民党議員がアベノミクスを歓迎するという姿勢ではない。
つまり、自民党内からも強烈な反発が予想されます。

そうなった場合、どうするのか?
政治においても、戦後レジームからの脱却が出来るのか、
選挙終了後の安倍首相のこの先の政権運営は、間違いなく日本の運命がかかっているので、
何としても頑張っていただきたいです!
 

アベノミクスのゆくえ 現在・過去・未来の視点から考える (光文社新書)
片岡 剛士 
光文社 (2013-04-17)
売り上げランキング: 19,319
広告を非表示にする